刷新の年。

ネクサスホームを含むヒコネグループにとって、2017年は社屋の改修や合弁会社の設立など、公私共にいろいろと変化の年となりました。

関係各位、お引き立ていただいている皆様には大変お世話になりました。また、2018年も更なる進化に向けて挑戦してまいりますのでよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

建方が始まりました。

40年来の寒波が押し寄せた大寒過ぎ、少し複雑な構造の木造建築の建方が始まりました。

前日より搬入済の特殊な構造用金物で組まれた材料が組まれていきます。

これから一週間余りにわたって緻密なやり取りが続きます。

工事期間中はご不便をおかけいたしますが、ご協力のほどお願いいたします。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

黒塀修復中。

春分を前にした花曇りで少し肌寒い日。

折しも、一定の基準を満たした住宅のリフォームや新築工事に対して国交省がポイントを付与する、「省エネポイント制度」の申請受け付けがスタートしました。付与されたポイントは、全国で使える商品券などの他、被災地産品や復興寄付にも活用することができます。

木家も、お隣の工事が終わってそのままになっていた黒塀の修復をしています。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

木の家をつくっています。

彼岸も過ぎ、ネクサスホームの近くの尾根道ではそろそろ桜も満開、週末にはイベントが開催されるそうで、ネクサスホームもささやかながら出展する予定です。木家の隣の新築工事も上棟までは天候の影響を受けたりしておりましたが、今はおかげさまで、うららかな春の日差しに槌音を響かせております。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

今年もお引立てありがとうございました。

2013年は、相模原の木材市場が50周年を迎えたり、さまざまな世代が繋がったりと、多くの節目となった一年でした。ブログの更新も滞りがちな言い訳にはなりませんが、木家も少しずつ進化しております。私たちを取り巻く国々や環境の問題など沢山の課題がクローズアップされた2013年も残りあと一週間となりました。週末は寒波が訪れる報もささやかれてはおりますが、皆様風邪など召されませぬよう!佳き年をお迎えくださいませ。

カテゴリー: events | コメントをどうぞ

樹齢300年のテーブル作成中。

絶滅して久しい秋田の天然杉。この数日、鉋掛けの音が響いています。出来れば300年は使ってもらいたいところですよね!

カテゴリー: works | コメントをどうぞ

木材利用ポイント申請はじまりました。

やっと梅雨らしくなったと思ったら、しばし中休み。常盤の森の針葉樹も熱帯雨林状態です?!エコポイント制度の時には、大きく取り上げられて話題になりましたが、7月1日から申請が始まる木材利用ポイント制度はほとんど知られていないようです。実際には、さまざまな補助や制度が利用されているのでしょうが、手間もヒマもかかるというのが難点ですね・・・。

http://mokuzai-points.jp/

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

国際水協力年?!

2013年は、「国際水協力年」だったらしい。もう半年近くたって気がつくのもなんですが、基本的に世界各国が「水」という貴重な資源を利用していく上で協調して取り組む基盤づくりを目指しているということだそうです。水資源と聞くと、「外資が森を、、、」と騒がれたのを思い出しますが、外国人が日本の森林を買う可能性を指摘して、それが何を意味するかを考えるきっかけとなりました。2011年の国際森林年の時には、つながらなかった水と森について考えてみるのもイイかもしれません。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

盛典に當たり、心より祝意を表します。

以前、飛鳥野瓦による修復をした金峰山永林寺の御開山四百五拾回大遠忌法要、中雀門落慶法要が執り行われるとのことで代表に同行いたしました。時ならぬ寒波が押し寄せ、朝から雨の降る天気でしたが奏楽の響きと雨音がなんとも厳かな雰囲気を醸し出しておりました。関東大震災で消失したと伝えられ、今春、再構された中雀門を背景にカシャッ!!!大切にされるべき心が連綿と受け継がれていきますよう祈りつつ。

カテゴリー: events | コメントをどうぞ

只今、玄関修復中です!

さて、玄関の由来は鎌倉時代の建長寺とも云われ、禅寺において「玄妙なる道(すぐれた道)に入る関門」とあります。旧来の日本家屋がほとんど失われつつある昨今、生活に必要な事柄を満たした上でもなお、家族全体の美意識を満たし、外に向けては、取り乱した姿や無粋な姿を見せずに品性や礼節をさりげなくにじませる住まい方をされているお宅を探すことがますます難しくなってきたように感じます。

カテゴリー: works | コメントをどうぞ