月別アーカイブ: 5月 2012

目には青葉!

梅雨が訪れるまでのほんのひとときの風薫る季節です。やっと木家も整ってきたので窓を開け放って大掃除をしています。窓のちょうどイイ高さに、昨年も顔を見せていた洋種の「ヤマゴボウ」が鮮やかな緑をのぞかせていました。庭のところどころには改修した時にあちらこちらに分散した植物がチラホラと芽吹いていたりしていてちょっとしたサプライズになっています。

カテゴリー: kiya | コメントをどうぞ

ライフサイクル、スィッチつけてます!

昭和なインテリアをご記憶であれば見覚えのあるスィッチボックス、現在ではコレが特注品なんです。あらためて見渡してみると、かつてどこにでもあった汎用品、気にも留めていなかったものがいつの間にか姿を消しているといったことは決して珍しいことではなくなりました。モノの寿命がどんどん短くなって、慌しいライフサイクルのなかで私たちは一体どんなモノを選択していったら良いのでしょうか・・・。お気に入りの暮らしを数十年続けることすら難しいシステムにすっかり上書きされてしまう前に、わずかな余地くらいは残っていてほしいところですね。

カテゴリー: kiya | コメントをどうぞ

縁側修復中です!

南側の庭に面した縁側はすでに修復済みでしたが、玄関にほど近い東向きの縁側を大工さんに張ってもらいました。かつては内と外の間(あわい)にあるこの場所が、人と人とをつないできました。近代的で便利な生活は”理詰め”となって”間”を埋めてしまうことが多くなり、武道とか書画などの非日常をのぞいてはなかなか感じることができなくなってしまいました。風化していく場所に杉を使うことによって、柔らかい部分と硬い部分のコントラストが味になっていくんだよね!とは大工さんの弁、時計の時間と生活の時間をつなげるような場所になれば・・・と考えています。

カテゴリー: kiya | コメントをどうぞ

スローな会話のススメ

今年は、関東地方では筍(たけのこ)の収穫が遅めだそうです。初物を分けていただけるとのことで仕事帰りにお邪魔してみたら、なんと竈(かまど)で筍を茹でていました。土間にやんわりと浮かぶ焔(ほむら)の薄明かりでゆったりとした時間。日々、コンピュータに強いられるナノセカンドな会話のストレスとは無縁の世界です。住宅のどこかにこんなスローな時間を過ごせる場所があったらなぁ・・・とつくづく思ったりもします。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ