月別アーカイブ: 1月 2013

同じ空が見える改築

まだまだ風邪やインフルエンザなどのニュースが巷を騒がせていて、調子を崩しているかたも多いようですのでお体おいといくださいませ。先日、昨年より減改築を施工していた住宅のお引渡しをする際に、見上げた空が以前に見えていた空と同じ見え方をしているのがちょっぴり嬉しく感じました。旧家屋の柱などのモジュールが残されていたりするのもそうなのですが、大切な記憶などはふとした弾みで気づかされることのほうが多いように感じます。都市に暮らすひとは、空が建物で埋まってないと不安になったりしがちですが、庭から見える空が”秋の顔”や”冬の顔”をした同じ空であることも大切な建物の記憶装置なのかもしれません。

カテゴリー: works | コメントをどうぞ

木家もユルユルと始動しました。

小寒を過ぎて、霜がそちこちを白く染めて青空とのコントラストがまぶしい朝です。小社も無事新年を迎え仕事初めとなりました。まだまだ発展途上の木家も、今年は少しずつ機能させていきたいと考えております。ようやく風景には馴染んできた感がでてまいりましたが、コンテンツに関しては未だインフラ整備の段階です。モダンライフへの取り組みはまだはじまったばかりですが今年もユルユルと進んでいきます!生暖かく応援してやっていただけますようお願いいたします。

カテゴリー: kiya | コメントをどうぞ