縁側修復中です!

南側の庭に面した縁側はすでに修復済みでしたが、玄関にほど近い東向きの縁側を大工さんに張ってもらいました。かつては内と外の間(あわい)にあるこの場所が、人と人とをつないできました。近代的で便利な生活は”理詰め”となって”間”を埋めてしまうことが多くなり、武道とか書画などの非日常をのぞいてはなかなか感じることができなくなってしまいました。風化していく場所に杉を使うことによって、柔らかい部分と硬い部分のコントラストが味になっていくんだよね!とは大工さんの弁、時計の時間と生活の時間をつなげるような場所になれば・・・と考えています。

カテゴリー: kiya   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>